ユニフォームの生地

バレーボールユニフォームをオーダーする際に気をつけるべき
ことはその生地、つまり材質です。

最近の衣服はさまざまな材質が組み合わされて作られていますが、
実際にユニフォームを着た時の着心地は大きく2種類に分けられます。

1つはいわゆる綿中心の材質で作られたユニフォームです。
伸縮性と吸水性に優れます。
着心地は柔らかく、温かみがあります。
汗をかきやすい人などはやはりこのタイプのユニフォームが
おススメです。

もう一つはいわゆるポリエステルなどの化学繊維で作られた
ユニフォームです。
よく“テロテロ”な感じって表現しませんか?
フライングレシーブした時などにツルーってよく滑ります。
着心地も軽くて夏も涼しいです。
しかし綿で作られたものに比べると吸水では劣り、汗をかくと
ペチャっと肌に張り付いて不快に感じる人も多いはずです。
また、このような生地で作られたゲームパンツは摩擦に弱く、
焼けて穴があいてしまう場合もあります。

このようにそれぞれのユニフォームにメリット・デメリットが
あるので、どの点を優先的に選んで材質を決めるのか、という
ことが重要です。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。