バレーボールユニフォームとゲームパンツ

バレーボールユニフォームをオーダーする際に重要なことが
ゲームパンツをそろえて作成するか、ということです。

普段の練習であれば、学生ならば、体操服のハーフパンツ等を
利用することが多いと思いますが、試合ではゲームパンツなる
股下が短いバレーボール特有の短パンを着用しますよね。

バレーボールを始めたばかりの人は、なんでこんなに丈が
短いんだと一度は思ったことでしょう。

さてさて、それはさておき、このゲームパンツですが学生などの
オフィシャルな試合では、チーム全員のユニフォームが上下
ともに統一されていることが大会規則に明記されていることが
多いです。
県大会やブロック大会、全国大会など、大会の規模が大きくなる
につれて、この割合は高くなります。

もちろん、このようなチームが新しくユニフォームを作成する
場合には上下でオーダーすることが必要ですが、注意してほしい
のは、大学生のバレーボールサークルや社会人チーム、
ママさんバレーボールのチームなどです。

これらのチームが参加する、NPOや区のバレーボール協会などが
主催する大会などでは、ユニフォームのゲームパンツが必ずしも
チームの中で、完全に統一されたものでなくても試合に出場できる
場合が多いからです。
紺色か黒色のハーフパンツであれば可
というような感じです。

そのため、このような試合に参加することが多いチームは
必ずしも無理にゲームパンツをユニフォームと一緒にオーダーする
必要はありません。

ゲームパンツだけでも、会社に頼んで作ってもらうと5000円前後
する場合もありますので。
お金がない大学生なんかには大きな問題ですよね。
普通のスポーツショップのバレーボールコーナーに行けば、
練習用の短パンが2000円前後で購入できると思います。

自分たちの参加している試合の大会規則をもう一度よく確認して、
ゲームパンツもユニフォームと一緒に作るのかどうかを
決めましょう。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。